教えます!乳酸菌サプリのビフィーナsってどんな商品?

乳酸菌サプリのビフィーナsってどんな商品?

森下仁丹株式会社のビフィーナシリーズは、ビフィズス菌研究30年、1993年の発売当時から939万個の製品を愛用者に届けているという実績を誇る商品で、ビフィズス菌の配合量によって、”ビフィーナR”、”ビフィーナS”、”ビフィーナEX”というラインナップが揃っています。“ビフィーナS“は、そのなかでもビフィズス菌の量が中間的であるため、メーカー側では自分にとっての適量を知るためにも、初めてビフィーナを試す人におすすめの商品だとしています。
乳酸菌6
ビフィーナに使用されているのはビフィズス菌(ロンガム種)で、腸内で乳酸菌や酢酸などの有機酸を生成して腸内フローラを良好にする(腸内フローラというのは、多種多様な腸内細菌群が腸壁に住み着いている様子を、植物が種類ごとに群生している様子に例えた言葉)、腸の蠕動運動を活発にする等の働きがあります。実際にビフィズス菌(ロンガム種)を食品で摂取した場合の、糞便中のビフィズス菌占有率の変化、排便回数、糞便中のアンモニア量の変化を調べた実験では、いずれも好ましい結果が得られたという学術論文が発表されています。トップページ

 

また、ビフィズス菌は、乳酸菌にはない、酢酸を作るという働きがあります。酢酸には、腸の粘膜を保護する働きや大腸菌の繁殖も全く許さないという強力な殺菌力があり、優れた整腸作用も備えています。しかしビフィズス菌などの腸内の善玉菌は加齢に伴って減少し、だいたい30代以降になると、便秘、腹部膨満、便の臭いが気になる等、の不調を訴える人が多くなってきます。これは、健康な腸内環境を保つためには、どうしてもビフィズス菌などの善玉菌を意識して外から補給することが望ましい状態になっているというサインであるとも言えます。
乳酸菌7
ビフィーナSには、一包あたり50億個のビフィズス菌が配合されており、森下仁丹が独自に開発したハイパープロテクトカプセルによって胃酸や胆汁からビフィズス菌を守り、腸に届くまでに90%の生存率を誇っています。また、水なしで手軽に飲めて形態にも便利な顆粒状で、味は飽きの来ないレモン風味です。

 

価格は1か月分30包入り定価3856円(税込)ですが、初回購入限定割引で購入すると、23%引きの2,980円(税込)となり、送料は無料です。また、60日分の初回限定だと、割引率は20%になりますが、(通常価格7,344円(税込)が⇒5875円(税込)になります。